「男性検査」があるクリニック 制服女子の手コキ編

「男性検査」があるクリニック 制服女子の手コキ編
cfnmコウ企画・撮影・編集による第8弾作品「男性検査」が行なわれているという内科クリニックの物語(ストーリー1~4)第三弾「制服女子の手コキ編」。「男性検査」とは、男性の性感帯の開発・性感帯の感覚向上・射精時の快感度の向上を目的として考案された、調査・実践・記録をしていく診療。JKの白ソックスをこよなく愛する変態男、その男はクリニックの受付で偶然知り合いのJKと出会い会話を始めるが、どうも様子がおかしい。脈絡も無くそのJKの足の匂いを嗅いでみたり、自分のチンポを見せたりと人目を気にせず変態行為をする。診察が進み、JKの診察の時の事、女医の指示でJKはソックスの穿き替えをするのだが、脱いだソックスをJKがバッグにしまい忘れて病室に置き去りとなってしまった、そのソックスが、その後の変態男性患者の展開を大きく転換させる!病室に脱ぎ捨てられたJKの白ソックスを見つけた男性患者は、それをチンポにかぶせて変態ソックスオナニーを始める。ソックスをしまい忘れた事を思い出し取りに戻ったJKが、男性患者の姿を見てナースを呼びにいく!駆けつけたナースは、男性患者の様子を見てその性癖を察知。機転を利かせてJKを巻き込んでの男性検査を展開する。患者のJK好きを配慮したナースは主に乳首責めにまわり、JKが男性器を刺激する事になった。ナースのレクチャーによってJKがソックスをチンポにかぶせてのソックス手コキ、ルーズソックス足コキ、カリ首をこする生手コキをしていく。そして立ち手コキで射精に、大量の精液が勢いよく飛び出した様にJKはもちろんナースもビックリ!男性患者の満足度がうかがわれる射精であった。
続きを表示

マネキンにされた女2 ゲスい男達

マネキンにされた女2 ゲスい男達
スリムな体型で尚且つ細くて長い脚が好き、その脚を晒し悪戯したい願望が有る。希望通りスリムで横柄な態度のモデルに催眠術をかけてゲスく悪戯をする。遠くを見る目で無表情、マネキン状態を確認して撮影開始、カメラは厭らしく舐める様に下から上に、ただ起立しているだけのモデルに監督は躊躇いもなくスカートに手を掛けて降ろす。綺麗な脚、ストッキング越しに白いパンティが見える、監督はその股間に手を伸ばし局部をいじり、擦る。嫌がるモデル、抵抗出来ない、調子に乗る監督はモデルに舌を出す様に命令する、そして舌をしゃぶる、悪行し放題だ。今度は腰に手を添えて「腰を振れ」と命令、モデルは腰をグラインドする。監督はカメラマンに向かって「お前も触る」と2人で悪行三昧。衣装を着替えさせて同じ様に胸を揉み、スカートに手を入れる、嫌がるモデルは無表情のまま「止めて」「触らないで」と訴えるが、そんなの無視で触り放題。最後は椅子に座らせしつこく局部を擦りイカそうとする。脚を広げさせてパンスト越しに擦るスピードを上げると、モデルはピクッピクッと軽い痙攣をする、イッタのだろうか?ゲスい願望を自分の為の映像にして欲しいと依頼されたお金の掛かる道楽第2弾。
続きを表示

「男性検査」があるクリニック 女医の手コキ編

「男性検査」があるクリニック 女医の手コキ編
cfnmコウ企画・撮影・編集による第8弾作品「男性検査」が行なわれているという内科クリニックの物語(ストーリー1~4)第二弾「女医の手コキ編」。「男性検査」とは、男性の性感帯の開発・性感帯の感覚向上・射精時の快感度の向上を目的として考案された、調査・実践・記録をしていく診療。露出狂の男が主役。その男性患者は、タオル一枚に着替えてくださいと案内されたがタオルが無かったと言って、一般の女性患者もいる受付フロアに全裸で現れる。そこから自分の診察が終了するまで、ずっと全裸のままで過ごした。これはクリニックのミスなのか、露出狂男の合法露出なのか!?「男性検査」は、女医がメインとなって血圧チェック、乳首チェック、睾丸チェック、勃起チェック、そして足コキ・手コキによる射精チェックが行なわれる。施術にはアシスタントと研修を兼ねてナースも付く。見所は「裏スジトレーニング」ナースが5本指を駆使して指コキ男性検査で、チンポは感度・満足度を高めた射精へと導かれる。
続きを表示

マネキンにされた女 ゲスな男達

マネキンにされた女 ゲスな男達
撮影に来た横柄なモデルに監督が催眠術をかけてイジリまくる。目は虚ろで無表情なマネキン状態になったモデルに「スカートをたくし上げろ」と言えば上げる、当然パンティ丸出し、後ろからオッパイを揉む、調子に乗って「ベロを出せ」当然そのベロを舐める、更にスカートを持たせて自分はパンティの上からマンスジを擦る、直接オマンコを触るまでの度胸は無い。散々弄び次の服に着替えて来いと命令する。同じように触ると遠くを見る様な目とアンニュイな感じで「止めてください」「触らないで」と感情の無い声で抵抗するが、それを止める訳も無くイジリまくる。3着目になると更にエキサイトでカメラマンも参加、スカートを取り上げM字開脚にさせパンティの上から執拗に擦ると無表情のまま、脚がピーンとなりピクッピクッと身体が痙攣する、どうやらイッテしまった様だ。抵抗できないモデルを自分のイイナリにしてイジる、ゲスい男達。ゲスい願望を自分の為の映像にして欲しいと依頼されたお金の掛かる道楽。
続きを表示

「男性検査」があるクリニック センズリ発射編

「男性検査」があるクリニック センズリ発射編
cfnmコウ企画・撮影・編集による第8弾作品「男性検査」が行なわれているという内科クリニックの物語(ストーリー1~4)第一弾「センズリ発射編」「男性検査」とは、男性の性感帯の開発・性感帯の感覚向上・射精時の快感度の向上を目的として考案された、調査・実践・記録をしていく診療。施術は主に、女医やナースによるペッティング、その効果は性欲向上や、満足度の高いセックス会得、子孫繁栄との事。近年、セックスレスや少子化問題が多い中、注目される「男性検査」。精通した(射精を覚えた)男子・男性なら誰でも受けることができる自由診療。遅れて出勤してきた女医に対して、すでに全裸にタオル一枚で診療待ちをしている患者5名。女医から「早急に男性検査希望の方はいらっしゃいますか?」の問いに2名の患者が実施して欲しいと申し出る。女医とナースによる「男性検査」睾丸チェック、勃起チェックと、股間のイチモツが触れられても無いのにカマ首を持ち上げてしまう。射精の勢いと量チェックの為のセンズリは待合室の女性3名にも見られながらのセンズリ、見られてより硬くなったチンポの先からは勢いよく精子がほとばしるのだった。
続きを表示

マスターベーションを見られたい男と見せ付けたい男

タイトル
マスターベーションとは単純な摩擦運動が及ぼす複雑な陶酔。男なら誰もが通る行為、マスターベーション。その陶酔を味わう為に其々のやり方と拘りのオカズが有る。今回拘りのオカズは女性の目の前でマスを掻いて射精を見せる、そんな癖を持つ男達なのだ!男たちの拘りは自分の自慰行為を見ていてもらう、自分の厭らしい姿を見られている事に陶酔を味わう派、又は自慰行為を見せ付けて女性が驚く姿、目を逸れさせずに見せ続け戸惑う姿に陶酔を覚える派、この二つのタイプによるマスターベーション自己満足動画。男達が自身の手で性器を摩擦運動で刺激し、声を発し、チンコの先から大量の精子をほとばしらせる情景を見た女性たちの反応が面白い。その表情を見る為に試してみたくなるかも。
続きを表示

パンスト脚 ソックス脚 どっちがお好き?

タイトル
性的倒錯の一種。性愛の対象が異性全体ではなく、その肉体の一部や特定の物体を対象とする行為。脚、尻、胸、手、指、毛髪、爪、耳等や、異性が身につけている物、靴、靴下、ストッキング、下着、あるいは異性の象徴となる物を性対象とする傾向をいう。この物体をフェティッシュ、fetishの獲得、接触、所有によって、一般的な性交以上の性的満足や興奮が達成される。脚、足の中でもパンスト脚を愛するナイロン100%の細い脚、むっちりな脚、匂い、素材によるチンコへの刺激は想像する脳内を刺激する喜び、ナイロン感の刺激による快感、そして射精。女子学生が履く白いソックス脚が好き、スカートから伸びる脚に綿100%のソックス、お嬢様タイプの三つ折、噎せ返る様な足を覆うルーズソックス、そして白いソックスの汚れが一層刺激する、そんな脚を愛し頬を寄せる幸せで脳でイッテしまう、又は柔らかい綿の刺激でチンコを擦る事による刺激で快感、そして射精。あなたはパンスト脚とソックス脚ではどちらがスキですか?
続きを表示

「射精クリニック」

タイトル
CFNMコウ作品第7弾、舞台は病院。泌尿器科でもない、性病科でもない、そこは射精を診る「射精クリニック」。射精にまつわる悩みを相談できます。今日も3名の相談者が来院。「射精の勢いと量が人並みか心配」「性感帯が敏感すぎて射精までの継続時間が不安」「射精が衰えている気がして不安」…不妊とか性病とかほど深刻ではないけれど、不安といえば不安。なかなか他人に相談できないし、射精を人に見せなければならないという恥ずかしさがあります。そういうときは病気と一緒で、本人の曖昧な知識や推測よりも専門家に直接見てもらって診察してもらうのが一番。ただし、ここはまともなクリニックです。診察におきましては、セックスはもちろんフェラチオも行えませんし、スタッフが裸になることもありません(CFNM)。もしも速やかに射精へ導く必要があるときは、可能な限り相談者の性癖(「露出狂」や「痴漢願望」や「足フェチ」等)を満たす手伝いならしてもらえます。あなたも射精にまつわる悩みがありましたら、恥ずかしいなどと考えすぎないで、ここで射精を診てもらって身も心もスッキリさせてはいかがでしょうか?
続きを表示